ごあいさつ

変化を怖れず、未来を見据えてチャレンジし続けます。

私ども株式会社琉球伊奈は1967年に創業、2007年10月にはおかげさまで創業40周年を迎えることができました。一口に40年と言いましても、それは決して平坦な道のりではありません。いい時も辛い時も常にお客様から信頼され、愛される存在であるべく、社員一丸でその時々に於いて試行錯誤を繰り返しながら、立ち止まることなく歩み続けてきたからこそ、今日があると私は考えます。

そしてこれから50年…100年と、より永きに渡って多くの皆様にご愛顧頂ける琉球伊奈でありたいと思うとき、社員全員が心に刻み共有すべき大切なこととは何でしょうか。創業40周年を期に、私達はその問いかけを社員一人ひとりに行いました。そしてその課程で生まれた想いについて、これからの琉球伊奈が歩むべき指針として経営理念と社訓という形にまとめ、掲げることができました。

中でも私自身がもっとも大切だと考えるのが『変化を怖れず、常に未来を見据えてチャレンジし続ける勇気を社員一人ひとりが心に抱き、行動すること』に他なりません。なぜなら企業は経営者だけのものではないからです。そこで働く全員が向上心を携え、ためらわず新しい一歩を踏み出していく-その結果が社内に活力をもたらし、いつしか明るい未来を切り拓いていくのではないでしょうか。

さらに一つ付け加えさせて頂けるならば、社員自らが常に幸せな家庭を築けるよう仕事の中で意識することもまた、弊社にとって明るい社風を保ち続けるために欠かせない、大切な要素だと思います。悩みを抱えては仕事に身が入らないばかりか、職場の雰囲気にも影響します。皆様の豊かな暮らしと環境美を創造する者として、私たちはたくさんの夢を胸に、心豊かな人間として、成長することを怖れず、これからも歩み続けます!